今まで店舗イメージが思い通りにいかなかった方へ

  1. HOME
  2. 今まで店舗イメージが思い通りにいかなかった方へ

店舗デザイン・店舗設計 成功のポイント

失敗しない店舗デザイン店舗設計のコツとは?

店舗デザイン・店舗設計は、単に経営者の趣味や主張だけを反映するものではありません。
1店舗目で成功された場合は気付いた方も多いかと思いますが、繁盛店の店舗デザインには“コツ”があります。
成功するためには、「最低限こういうことを守っておけば失敗はしない」というポイントを掴む必要があるのです。

こんな考え方だと失敗する!?先人の失敗から学びましょう

 

客席を広く設計

 

内装業者の選定ミス

 

デザインにはこだわったが……

 

工事費が高すぎる

 

店舗デザイン・店舗設計 成功のポイント

内装設計のポイントは?

客席の数は店舗設計の上で非常に悩ましい問題です。まずはコンセプトや経営方針と合わせて考えてみましょう。コンセプトが「多彩な料理」なのに、客席を増やしたせいで厨房が狭くなってメニューが制限されては本末転倒です。

 

経営を考えて客席を多く設けたり、お客様がゆっくりできるスペース作りのために減らしたり……。明確な答えがある問題ではないため、バランス感覚を研ぎ澄ませて納得のいくまで考えるべきです。

 

このページのトップへ

パートナー選びのポイントは?

内装業者が行うのは、「内装工事」「設備工事」「サイン工事」の3点です。これらの工事において、内装業者に持っていてもらいたい条件は以下の通り。

 

・こちらからのニーズと予算のバランス調整力
・開店後の経営に目を向けた提案力
・トラブルに対する柔軟で素早い対応力
・円滑なコミュニケーション能力

 

まずはしっかりとコミュニケーションを取りながら、これらの条件に当てはまる業者かどうかを選定しましょう。

 

このページのトップへ

デザインのポイントは?

有名なデザイナーに店舗デザインを依頼すれば、もちろん注目はされるでしょう。実際、開店直後は繁盛するかもしれません。しかし、そうした店舗の多くは人気が長続きしません。その理由は簡単。「芸術」と「商売」が別物だということに気付けていないからです。

 

たとえば、カウンターの高さ。お客様とスタッフの目線の高さがあまりにも違うということはないでしょうか? また、距離が近すぎたり、遠すぎたりするのも好ましくはありません。見栄えだけのデザインでなく、その店のコンセプトに合わせたデザインができるかどうかが重要なのです。「有名」「一流」といった看板でデザイナーを選ぶのではなく、商売と兼ね合わせて設計できる業者を選びましょう。

 

このページのトップへ

工事費のポイントは?

飲食店で大きく割合を占めるのが設備工事。
設備工事とは以下のものを指します。

 

・電気工事
・水道工事
・空調工事
・換気工事
・防災工事
・ガス工事

 

お店づくりをするにあたっては、目に見えないものに費用がかかってきます。それは、工事全体の金額の半分以上、もしくは3分の2を占める可能性があります。そうなると床や壁、家具などにかけられる金額が少なくなってしまうので工事見積もりは重要です。

このページのトップへ

店舗設計・店舗デザインのポイント
  • こだわりの店や繁栄店を作るには
  • 今まで店舗イメージが思い通りにいかなかった方
  • 違うコンセプトの2店舗目・3店舗目を考えているオーナー様

ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ